So-net無料ブログ作成

寺家ふるさと村・熊野神社の桜 [桜]

横浜市の北の端、青葉区寺家(じけ)ふるさと村の桜です。
熊野神社の参道の斜面に桜があります。

IMG_0362.jpg

熊野神社は熊野三山の勧請(神仏の来臨を願うこと)を受けた神社です。
ほぼ全国に分布しています。

よろしければ、続きをご覧ください


杉山神社の桜 [桜]

隙間の時間をみつけて、桜の撮影へ。
この時期は忙しいです。
ご近所の杉山神社に桜の木があるのを見つけて、撮りに行きました。

IMG_0328.jpg

杉山神社は五十猛神(イソタケル スサノオの子)やヤマトタケルを主祭神とする神社で、旧武蔵国の横浜市、川崎市、町田市、稲城市などに数十社があります。
鶴見川水系沿いを中心に拡大していったものと考えられますが、謎の多い神社とされています。

よろしければ、続きをご覧ください


朝雨に満を持しての桜かな〜江川せせらぎ緑道 [桜]

今年の桜は寒い日が続き開花が遅く、咲いてから花が長持ちしていたような気がします。
それでもこの週末には風の強い日が続き、一気に散ってしまいました。
年度末は公私ともに忙しく、桜名所の有名どころへは出かけられませんでした。
よって、ご近所の桜のみの紹介です。

出かけたのは、都筑区の江川せせらぎ緑道。
朝ごはんを食べる前に撮影開始。
満開の桜とチューリップの取り合わせ。

IMG_0121.jpg

下水処理場で処理された水が流れる水路の両側に約200本のソメイヨシノの並木が続きます。地元の町内会、企業からなる水辺愛護会の方達によりチューリップが植えられ、一緒に花を楽しむことができます。

よろしければ、続きをご覧ください


本覚寺の枝垂桜 [桜]

いよいよ桜が咲き始めました。
鎌倉でも樹によっては満開の桜もありました。
駅から歩いてすぐの本覚寺の枝垂桜も見頃を迎えていました。

午前中早い時間の撮影です。
IMG_9086.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


河口湖町・常在寺の桜 [桜]

今シーズンの桜記事の最後は、河口湖の南岸にある常在寺(じょうざいじ)の桜です。
常在寺の歴史は古く、もとは法典寺という真言宗の寺でしたが、日蓮が住職南陽坊阿闍梨と法論を戦わしその結果これを折伏し、南陽は日蓮の弟子となって日授と号し日蓮宗常在寺の開基となりました。

富士御室浅間神社と境内を接する位置にあります。
小さな山門をくぐると、そこには・・・
IMG_1283.jpg

こんな光景が待っていてくれました。

よろしければ、続きをご覧ください


富士御室浅間神社の桜 [桜]

河口湖北岸から湖畔を半周し、一路富士御室浅間神社の里宮へ。

富士御室浅間神社の本宮は、699年藤原義忠が富士山二合目へ奉斉し、722年雨屋が建てられた富士山最古の神社です。
武田家、徳川家をはじめとした有力な武将に保護されてきましたが、昭和49年に永久保存のため現在地へ遷祀しました。

里宮は、958年村上天皇が、崇敬者の礼拝儀祭の便を図るため老松茂る現在の場所へ造営したものです。
IMG_1262.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


桜・富士山・河口湖!〜フィッシュアイ編 [桜]

4月半ばに河口湖へ、桜と富士山の写真を撮りに行きました。
桜の量感と全体の姿を表わしたくてフィッシュアイ・レンズを使ってみました。

タテ位置だとそれほど気になりませんが、
IMG_7879.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


桜・富士山・河口湖! [桜]

4月中旬、河口湖へ今シーズン最後の桜を見に出かけました。
朝8時過ぎに出かけ、河口湖半には10時半頃到着。
撮影開始したのは河口湖東岸の産屋が崎の手前、ホテルや旅館が立ち並ぶあたりです。

快晴に恵まれ、桜の状態もベストに近く、心地よい風もあり富士山がくっきり見えるという滅多にない好条件での撮影でした。
IMG_0847.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


秩父宮記念公園の桜 [桜]

ひと月遅れの桜の議事が続きます。
家族を引き連れ、御殿場にある秩父宮記念公園へお花見に行きました。

色とりどりの花が咲くのどかな園内。
IMG_0729.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


常在寺と富士御室浅間神社 [桜]

桜の記事で引っ張っています。
河口湖の南岸へ移動し、桜の名所である御室浅間神社を目指しました。
はじめに境内の接している常在寺へ。

この寺はもとは法典寺という真言宗の寺でしたが、文永(1264-75)から弘安年間(1278-88)に時の住職南陽が日蓮に帰依し、名も日授と改め日蓮宗に改宗し常在寺の開基となりました。

山門
IMG_7673.jpg

山門をくぐると・・

続きをご覧ください