So-net無料ブログ作成

山百合とヒヨドリ [動物]

この間、群馬県のとある温泉地に家族を連れて出かけていましたので、しばらく更新できないままでした。
本日帰宅しましたが、旅行の記事を整理するのはしばらく先になりそうです。

今週末、台風11号の接近で進路にあたる西日本を中心に、大雨や土砂災害の危険が迫っています。
列島各地に被害の出ないことを祈ります。

自宅の裏山に山百合が咲いた記事は既に紹介済みですが、
http://rains-photogallery.blog.so-net.ne.jp/2014-07-19

その後も次々花が咲いたので、別の日に撮りに行きました。

IMG_4750.jpg

続きをご覧ください


午年にちなみ・・ [動物]

今年は午年。年賀状にも午年(うまどし)とひっかけて、
「明け馬(ま)しておめでとう」
「物事がウマくいく年になりますよう」
などと書いた人もいたのではないでしょうか。

今年、我が家の玄関に飾った正月飾り。叔母の手づくりの木目込み人形です。
IMG_2673.jpg

続きをご覧ください


多摩動物公園・アフリカ園 [動物]

初めて多摩動物園を訪れ、最初に向ったのは蝶の乱舞する昆虫館の大温室。
内部はとても暑くて、一周したら汗びっしょになってしまいしまた。

IMG_1773.jpg

レストランでお昼休憩したあと、動物園に来たのだから動物も少しは見よう、とアフリカ園だけ見て回りました。

続きをご覧下さい(今回は画像が多いです)


ユリカモメの乱舞 [動物]

鶴岡八幡宮の源氏池には、ユリカモメがたくさん来ています。

ユリカモメは日本には冬鳥として飛来し越冬します。

「伊勢物語」に、

「名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」

と詠われている都鳥は、ユリカモメを指すという説が有力です。

目の後ろに黒い斑点があるのが特徴です。

いつもはおとなしくこんな感じですが、


しかし、餌を投げる人がいるとたいへんな騒ぎに。

続きを読む


ピュアな眼 [動物]

キャノン倶楽部トラックバック撮影会に参加します。

6月のお題は「純」ですね。
6月の記事の中から「純」にちなむ写真を探してみました。

「ピュアな眼」

掛川市にある加茂花菖蒲園の温室でみかけたベンガルワシミミズクです。
まだひな鳥ですが、猛禽類らしい鋭い眼をしていました。

三羽の兄弟で、左からアトス、アラミス、ポルトスと名付けられています。
フランス文学の名作、アレクサンドル・デュマの「三銃士」の名です。

この眼で見つめられると、蛇に睨まれた蛙の心境になります(ね?)。

でも、じつはちっちゃくてかわいいのです。
なでなでもさせてもらえます。

それでも敵が近づくとこのように威嚇のポーズをとります。
犬など自分より大きな相手でも負けていません。

さっすが〜猛禽類。

[6月3日 加茂花菖蒲園にて撮影]


小さくても猛禽類 〜加茂花菖蒲園 その3 [動物]

掛川市にある加茂花菖蒲園の紹介が続きます。
今回は花菖蒲ではなく、フクロウの記事です。

加茂花菖蒲園の社長、加茂元照氏は花菖蒲の栽培だけでなくフクロウのコレクターとして知られている人です。フクロウについての本も書かれています。

花菖蒲園に併設されている多目的温室には、ベゴニアをはじめ色とりどりの花々が咲き乱れています。フクロウもこのなかのどこかにいるはずです。

さて、肝心のフクロウはどこにいるのかな?・・・

続きを読む


源氏池の水鳥たち その2 〜鶴岡八幡宮 [動物]

1月20日の記事に続き、再び源氏池の水鳥たちの紹介です。
鶴岡八幡宮には源氏池と平家池があって、源氏池のほぼ中央には旗上弁天社が祀られています。
ちなみに、源氏池には島が三つ、平家池には四つあって、それぞれの島の数が源氏の繁栄(三=産)と平家の滅亡(死=四)をあらわしているとか。

旗上弁天社には源氏の二引きの旗がたくさん。木の上にはなにやら白いものが・・

続きを読む


源氏池の水鳥たち 〜鶴岡八幡宮 [動物]

前回の記事の続きです。
鶴岡八幡宮に初詣したあと、源氏池の周囲のぼたん庭園で冬牡丹を鑑賞しました。
牡丹を撮りながら白い鳥を見かけたので少し遠目から撮ってみました。
家に帰って野鳥図鑑で調べましたが、たぶんコサギだと思われます。

続きを読む


鳩とパンジー〜春への誘い その3 [動物]

大船フラワーセンターの「春への誘い」展をやっている第二展示場の入り口で、鳩が門番をしていました。


鳩がパンジーのプランターにとまっていただけの光景ですが、脅かさない様にゆっくり進み、通してもらいました。


以前にも紹介しましたが、第二展示場の中は春の景色でした。

「おかめ」

「げんかいつつじ」

[2月4日撮影]


ウミウの生息する断崖 〜城ヶ島散歩 その2 [動物]

城ヶ島公園の駐車場から西のほうへ歩くとウミウ展望台があります。

荒波に削られた海蝕崖は幅約300m、高さ30mにわたり、波打ち際から垂直の崖が人を寄せ付けないことからウの生息地となっています。

白地に黒い点々が見えますか?
この等間隔で並んでいる黒いのがウミウです。

長良川の鵜飼いの鵜はこのウミウだそうです。
崖が白くなっているのはウミウの糞です。
ウミウは毎年11月頃に飛来しここで越冬し、4月頃北の空へ飛び立っていきます。
県の天然記念物に指定されています。

ウミウ展望台から少し進み、海岸に通じる険しい道を降りてみました。
そこは湾になっていて、小さな浜辺もあります。
ウミウの姿を下から眺めることができます。

カヤックかカヌーで、波間をいく人たちがいました。

[1月29日撮影]