So-net無料ブログ作成
検索選択

函館の青柳町こそかなしけれ〜函館を歩く その9 [旅]

函館に旅して、どうしても行って見たい場所があリました。
かの啄木が一家で住んだ青柳町です。
青柳町を歌った有名な歌があリます。

函館の青柳町こそかなしけれ
友の恋歌
矢ぐるまの花

青柳町にある函館公園にこの歌を刻んだ歌碑がるので訪ねてみました。
五稜郭公園前駅から市電に乗り、青柳町まで。
電停から坂道を登ると函館公園に着きます。

IMG_6066.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

五稜郭探訪〜函館を歩く その8 [旅]

五稜郭タワーで事前学習と五稜郭の全容を俯瞰したあと、いよいよ五稜郭へ。
特別史跡五稜郭という石標の前で記念撮影をしていたら、写真を撮りましょう、と声をかけられました。
その方が五稜郭のガイドをしてくれるというので、お願いしました。

函館市及びその周辺を訪れる人に歴史・自然・文化を紹介することを目的とする、「縁ジョイ倶楽部」のTさんです。土日に五稜郭公園内のボランティアガイドをされています。

五稜郭の見取図。現在地は半月堡の手前です。
IMG_5956.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

五稜郭を俯瞰〜函館を歩く その7 [旅]

函館旅行2日目は五稜郭へ向かいました。
ホテルのあるベイエリアからは市電の魚市場前の電停で乗ります。
路面電車はかなり年代物の車両で、ステップがかなり高く、乗り込むのに気合いがいります。
五稜郭公園前で市電を降り、五稜郭まで10分ほど通りを歩きます。

途中、こんなパブリックアートがありました。

藤原 吉志子作『ぢっと手を見る』
IMG_5875.jpg

はたらけど
はたらけど猶わが生活(くらし)樂にならざり
ぢつと手を見る

啄木の歌のワンフレーズをタイトルにした作品。

もう一つ、こんな作品も。

よろしければ、続きをご覧ください


nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

函館山からの夜景〜函館を歩く その6 [旅]

函館に旅したなら、誰もが必ずや訪れるのが、函館山からの100万ドルの夜景です。
「函館に行ったよ〜」と言うと、必ず「夜景見てきた?」と言う問いが発せられるほど。
私は子供の頃、家族と函館山を訪れたことがありましたが、その時は昼間。夜景を見るのは初めてでした。
妻は函館そのものがはじめて。二人でワクワクしながら函館山ロープウェイに乗り込みました。

ロープウェイの車内から見た函館市街。
IMG_5750.jpg

「わざわざこんな中で撮らなくてもいいのに。」と隣でチクリと言う妻の声を尻目に、何枚も撮っていました。

5分ほどで無事、標高334メートルの山頂に到着。
展望台の上から景色を楽しみました。

よろしければ、続きをご覧ください


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

聖ハリストス正教会〜函館を歩く その5 [旅]

函館2泊三日の旅、第一日目。
函館・元町地区の洋館めぐり、教会めぐりの散策も佳境に入っています。
旧函館区公会堂に続き訪れたのは聖ハリストス正教会。

IMG_5659.jpg

名前のハリストスとはキリストのギリシャ語読みで、ロシア領事館の付属礼拝堂として建てられた、日本初のロシア正教の教会です。聖堂の正式名称は「主の復活聖堂」です。
明治40年(1907)の函館大火で聖堂は全焼しましたが、大正5年(1916)に再建されました。

よろしければ、続きをご覧ください


nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

旧函館区公会堂〜函館を歩く その4 [旅]

函館への二泊三日の旅、見どころが多く、未だ一日目のレポートです。

函館元町の洋館めぐりでは欠くことのできない建物、旧函館区公会堂。
IMG_5373.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

元町公園〜 函館を歩く その3 [旅]

函館への二泊三日の旅、一日目です。
基坂(もといざか)を登り、元町公園に到着。

花壇を手前に入れ、基坂を見下ろしてみました。
IMG_5334.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ペリー広場から旧イギリス領事館へ 〜函館を歩く その2 [旅]

基坂(もといざか)を登り、元町公園の少し手前右手に、ペリー広場があります。
1854(安政元)年、函館が開港する契機となる米国のペリー提督率いる黒船5隻が函館に来航しました。その150周年を記念し、2002年、基坂沿いの元町公園下にペリーの立像が設置されました。

IMG_5255.jpg

よろしければ、続きをご覧ください


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

基坂(もといざか)〜函館を歩く その1 [旅]

函館の歩き始めとして、開港当時行政の中心地だった元町地区をめざしました。
市電の通る通りから基坂(もといざか)をのぼります。
基坂と電車通りの交差点の門に立つグリーンの建物。

IMG_5239.jpg

1913(大正2)年築のルネサンス風事務所建屋で、ぺディメント(西洋式切妻破風)など特異な意匠を凝らしたこの建物は、相馬株式会社。

初代・相馬哲平が1863(文久3)年に米穀商「相馬商店」として開業し、後に、漁業仕込みや海陸物産商、土地投資などに事業転換、旧函館区公会堂をはじめとする、町の整備に私財を投じてきました。現在は、主に不動産賃貸業を手掛けています。

よろしければ、続きをご覧ください


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北の、とある街を訪ねました [旅]

週末、羽田を飛び立ち、北海道の、とある街へ。
どこへ行ったかというと・・・
ヒントはこちらの写真。

IMG_5225.jpg

写っているのは黄色い消火栓と坂道。
この写真だけでわかった方はかなりの北海道通、旅の達人でしょう。

さて、正解は・・・



よろしければ、続きをご覧ください


nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー